読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よ Filipin

2011年からフィリピンで暮らしています。現在はボブとの二人暮らしです。

フィリピンで働いて暮しています。

あけましておめでとうございます

Travel

f:id:Squash:20140111135256j:plain

年末年始はルソン島北のほう、IlocosNorteに行きました。

海がきれいで静かで何もないけれどゆっくりリラックスできました。

2014年から私の30代ライフが始まります。20代はとても楽しかった。

年を取ることに焦りがあって、たぶんそれは自分がまだまだできていないことが多く、それを許される子供でいたいということなのだと思う。

少しずつ胸を張って年をとれるようになっていきたい。

そのためにも与えられたものはしっかりと受け止め経験を積んでいきたい。

 

そんな2014年にしたいと思います。

 

久しぶりの旅行はちょっとした喧嘩もありつつとても楽しかったです。

f:id:Squash:20140111133956j:plain

2度目のViganは特に何もせずにゆっくりと。ボブは長距離ドライブの疲れもあり

夜になって街へ。

翌日は北端に向かって朝から出発です。

f:id:Squash:20140111133951j:plain

f:id:Squash:20140111133959j:plain

f:id:Squash:20140111134000j:plain

途中でマルコス大統領の別荘にも立ち寄りました。イメルダ夫人からのプレゼントだそう。

この時代の建物、インテリア、とても素敵。この大きなフローリングと天蓋付のベッド!こんな部屋に住みたいわー!

イロコスは故マルコス大統領の出身地でもあり今でもその影響が残っています。

これまでマルコス&イメルダってあまりいいイメージがなかったし、贅沢、独裁、不正の象徴みたいなもんだと思ってたからてっきりフィリピン人もそう思ってるんだと思ってた。だからイメルダ夫人が今も議員として働いてると聞いたときに、何を考えてるんだろう、やはり金か、、とも思ってました。

でも違うんだって。不正をしても贅沢をしてもその当時のフィリピンは裕福だったし、今みたいに貧富の差もなかった。農民も大切にされてた。

同じ横領をしている今とは違う。いい大統領だった。

というのが一般的な見解だそうです。もーびっくり。

 

f:id:Squash:20140111133957j:plain

f:id:Squash:20140111133953j:plain

  パオアイにもよったり、マルコス大統領の遺体(!)を見てショックを受け気分直しにドラゴンフルーツのアイスを食べたり、、、

寄り道をしつつ目的地のPagdpudに到着です。

f:id:Squash:20140111134002j:plain