読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よ Filipin

2011年からフィリピンで暮らしています。現在はボブとの二人暮らしです。

フィリピンで働いて暮しています。

Crescent moon cafe @Antipolo

マニラから車で1時間弱、アンティポロにあるCreacent moon cafeに行ってきました。陶芸家の女性Lanelle Abueva-Fernando が運営するレストランと工房です。

f:id:Squash:20140209231901j:plain
敷地は木が生い茂りとても気持ちがいい。

メニューは無く、12時から2時のランチが月ー土 350ペソ、日曜450ペソでサーブされます。できれば電話を一本入れた方がいいかもしれません。今回は二人だったので特に待たなかったのだけど、予約でいっぱいの場合もあるみたい。

f:id:Squash:20140208201046j:plain:w350
ドライシュリンプやオニオン、ナッツなどを巻いて食べる葉っぱの春巻き。
酸っぱいフルーツがあったのだけど、カミアスという果物だそう。英語ではビリンビ。気の幹に直接なっているんだって。

f:id:Squash:20140209232520j:plain
かぼちゃのスープ。中にココナッツの果肉が入っていて美味しかった。

この二品がサーブされた時点でボブの表情は曇り空。あとで別の食堂に行っていい?なんて聞いていました。

でもご心配なく。しっかり野菜以外のメインもありますよ。

f:id:Squash:20140208201306j:plain
この日のメインは、サーモンソテー、チキンタイカレー、野菜の炒め物の三種類。
二人分だけどたっぷり。ボブもやっと食事開始。

f:id:Squash:20140208201321j:plainデザートはアンティポロ名物のもち米のお菓子スーマンとマンゴー。
このスーマンがとても美味しかった!

料理は特別というわけではないけど、自然なシンプルなお料理で気持ちが良かったです 。

f:id:Squash:20140208201519j:plain

f:id:Squash:20140209233755j:plainレストラン内の食器コーナーはお皿一枚200ペソくらいから。レストランで使っていたウキ模様入りのものは売ってないけどオーダーできるそう。ちょうどいい大皿がなかったけど、数枚購入してみました。


f:id:Squash:20140209234129j:plain
裏には1キロ200ペソのB級品売り場もあります。

f:id:Squash:20140208201629j:plain

ちょっとした週末のお出かけにオススメ
です。