よ Filipin

2011年からフィリピンで暮らしています。現在はボブとの二人暮らしです。

フィリピンで働いて暮しています。

このところ

このところ毎日楽しくない。何をしてても楽しくないし、実際のところ何もしたくない。本当に無気力な状態に陥ってます。

あれもしなきゃいけないし、これも考えないと。あの本も読んであれも決めないといけない。やらなきゃいけないことは山ほどあるのにどれもやる気になれない。

結婚式が終わった燃え尽き症候群なのか。たんまりある有休を月に2回くらい使って休みながら軌道に乗せていくしかないのだろう。

やらなきゃいけないことがありすぎてどれも終わってないことが余計にやる気をそぐ。それはわかっているので地を這うように少しずつ省エネモードで山を切り崩そう。

 

そんな毎日。

書き出すことで整理。

お土産試食

フィリピンのお土産を買って、仕事の休憩中に食べるのが好きです。

今日もお客さんのお土産買いに付き合い自分の分を購入。

Butterscotch Square with Mango Bite 91.5ペソ 10個入り

f:id:Squash:20180627163409j:plain

f:id:Squash:20180627163412j:plain

お客さんへのおすすめ度★★★★☆

購入場所:SMマカティ地下フィリピン名産品エリア

イロイロ市名産のバタースコッチ。マンゴーの風味はそれほど強くないけどある。

よくある頭が痛くなる甘さではない。ブラックコーヒーのおともにいい感じ。

マンゴー風味でフィリピンっぽいし、小分けだし、高すぎない。お土産にはいい感じ。

 

 

 

Anilaoでダイビングとまったりリゾート

ホリーウィークのお休み(3/29-31)にマニラから車で2時間ちょいのアニラオへダイビングをしに行ってきました。

元々はボブの操縦する飛行機に乗りに行く予定だったのだけど、結局手続きが終わらずまた先延ばし。4日間も部屋にいるだなんてなんだかなーだったので急遽部屋を探して行くことにしました。

1泊目はヴィラマグダレナ

日本人の夫婦が経営しているダイブリゾートで白を基調とした明るいリゾートでした。

施設の写真を全く撮っていないのだけど、部屋はすごくシンプル。でも食堂は天井が高く風通しが良いので、寝るとき以外は部屋に帰らなくても問題がない感じ。

食事は日本人向けに野菜が多く、ボブは質、量ともに少し物足りなさそう。

ダイビングは日本人だらけで久しぶりだったけど安心して潜れました。

実はここに問い合わせる前にローカルのホテルに問い合わせたら、ダイビングは人が集まらなければ1人でボート代、ダイブマスター代を払わなければならないかもと言われたので、絶対ダイビングがしたければやっぱりダイブリゾートに止まるのが良さそう。

====================

ヴィラマグダレナ

宿泊朝食付き(ダブルベッド)3400ペソ

食事 1食450ペソ  ランチ、ディナー各2人分 1800ペソ

ボートダイブ4本 1500x4 6000ペソ

ギア フルレンタル 800x2日 1600ペソ

環境税 200x2日 400ペソ

計13,200ペソ 約27,000円

朝10時に到着したけど、部屋が空いていたので早めに入れてもらえました。

====================

 

 

f:id:Squash:20180403235130j:plain

f:id:Squash:20180403235152j:plain

f:id:Squash:20180403235038j:plain

f:id:Squash:20180403235048j:plain

 2泊目、本当は向かいの島のTingloyに行く予定だったのだけど、行きしなの港ですごい人だったので変更。Planet diveに宿泊。

f:id:Squash:20180404000201j:plain

こっちはちゃんとリゾートで、ダイビングしなくてもとても気持ちよく過ごせました。

海沿いにデッキがあって本を読んだりプールでまったりしたり、目の前がダイブポイントなのでシュノーケルでもなかなか面白い。

前日に電話したので安い部屋は空いていなくて4人用の部屋だったのだけど、これがいい部屋でバルコニーもついているし最高。ペット可なのでワンコ連れも多くて癒されるし、なんかとってもいい感じ。

====================

Planet dive

宿泊3食付き2名 7600ペソ 約16000円

 ====================

食事は1食500ペソ換算のよう。なので部屋代は4600ペソかな。

今回は電話で予約したけどagoda経由で予約したらもう少し安いみたい。食事は3食ともボブもとっても満足です。日本人にとっては野菜が少ないけど、私は問題なし。エビも魚もお肉もあって満足。

 

ちなみにここのダイビングショップはNAUIでOWライセンスは5日間550ドル。日系PADIショップに比べたら高いので、ボブはやっぱりPADiでとってもらうことにしましょう。ファンダイビングは高くなかったし、目の前がTwinRockというダイブサイトなのでビーチエントリーも可。ちょっと潜ってゆっくりしたいのであればとってもいいリゾートでした。また来たい。

f:id:Squash:20180404000149j:plain

f:id:Squash:20180404000157j:plainf:id:Squash:20180404000042j:plain

f:id:Squash:20180404000158j:plain

 


f:id:Squash:20180404000114j:plain

冷蔵庫はない。Wifiはほぼ死んでいた。シャワーの出が心もとなかった。トイレがたまに流れない。でも部屋は綺麗だし、眺めはいいし、シャワールームが綺麗で広いし気持ちの良い滞在でした。

f:id:Squash:20180404000135j:plain

思ってたよりお金を使ってしまったので、しばらくは節約モードで頑張らないと。

 

タガイタイでブラロ in Mahogany market

カラマンシーをお迎えした先週末。そもそもカラマンシーを買いに行ったわけではなく、ボブと週末のドライブで言ったタガイタイで偶然見つけたのです。

特に目的もなかったのでネットで適当にBulaloのお店を探して遅い朝ごはんを。Bulaloというのは骨付き牛肉のスープです。

どうやらマホガニーマーケットにおいしいブラロ屋さんがあるという情報を得て早速向かってみると、マーケットの肉売り場の上にずらーーーっとブラロ屋さんが。

f:id:Squash:20170622095736j:image

小さなブラロ屋さんが並んでいるんです。

ここまで多いと、どこにネットで見つけたお店があるのか探すのも面倒なので、適当に座って食べることにしました。

f:id:Squash:20170622101719j:plain

机の上にはunli-banana. バナナはご自由にお食べください、という状態。これはラツンダンかな。f:id:Squash:20170622095803j:image

なんかアーティスティックなチリとカラマンシー

     f:id:Squash:20170622095750j:image

ブラロは白菜とお肉だけのシンプルなものだったけど、大変おいしゅうございました。肉が隠れてしまっているけど、しっかり入っています。なんでもスープは継ぎ足し自由なのだとか。

肉は食べきったけど汁はまだ残っていたから持って帰りたかった。次はタッパー持参できます。

ボブもこの汁に麺を入れたら絶対おいしいのになーなんて。

     f:id:Squash:20170622102224j:plain

ブラロと小魚のフライと飲み物とライスで700ペソくらい。スープが4人分くらいあったので小魚は食べきれずにお持ち帰りしました。

タガイタイの道の沿いで植物やら果物やら買おうと思っていたのだけど、結局このマホガニーマーケットで全て買えてしましました。

・野菜

・果物

・肉(内臓系もいっぱいです)

・植物

ふらっと立ち寄って気軽にお買い物できる感じのマーケットなのでとてもおすすめです。ローカル向けだから呼び込みもひどくありません。駐車スペースは舗装されていないけどしっかりあります。

 新しくできた裁判所の裏にあるので道路からは見つけづらいけどその辺の人に聞けばすぐわかります。日本野菜はないけど、普通の野菜は一通りあるので、ドライブ兼買い出しでちょうどいいところを見つけました。

次は肉とか内臓系も買いたいからクーラーボックス積んでくる予定です。

ちょっと変わったタガイタイの目的地にとにかくおすすめ。f:id:Squash:20170622095916j:image